2012年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
清水 久美子/SHIMIZU Kumiko
Car Girl Diary

GT-Rマニアを自称する実業家。かつて、3代目日産スカイラインGT-R、通称R32GT-Rをチューニングし、筑波サーキットをはじめとする草レースに参戦。仙台ハイランドドラッグコースではゼロヨンレースにも出走していた。その容姿からは想像もつかないドライビングテクニックを誇っている。チューニングカーに造詣が深く、雑誌『オプション』では2年間にわたって連載を担当。ほかに、イベントリポーター、富士レースクイーンなどの経験も。最近は、マセラティ グランツーリスモ、フェラーリ458イタリアなどのスーパーカーにも食指が動いている。ちなみに、現在のR35「GT-R」、ベントレー「フライングスパー」と、トヨタ「NEWクラウンアスリートハイブリット」、ランボルギーニ「ガヤルド」を所有する無類のクルマ好き。



日別アーカイブ: 2012年7月6日

新世代V12気筒エンジンを搭載した跳ね馬スポーツ!!

本日はOPENERSの取材で午前中より丸の内へ☆

最新最速のロードカー!と言われている「F12 ベルネリッタ」の発表会です!
会場の「パレスホテル 東京」へ到着☆
エントランスにはすでにフェラーリさんたちがお出迎え(^^)かっこいい~

会場内には赤い跳ね馬の垂れ幕がリッチな雰囲気漂います(@@;)

フェラーリと言えばこの方!「大乗フェラーリ教 教祖」の清水草一さんを発見♪

オートサロン以来のしみしみコンビ再結成!?笑
なんて
さすが草一さん、終始フェラーリネタを熱く語って頂きましたよ^^
どうやらnewFerrariを購入したとか!?
すごい! ≧(´▽`)≦

・・・
そんなこんなで、会場へ^^


会場からアナウンスが流れ、発表会が始まります

「F12 ベルリネッタの魅了、ブランドの素晴らしさ」を存分にお伝えして頂きました、フェラーリ・ジャパン プレジデント & CEOを務めるハーバート・アプルロスさん。
「フェラーリはつねに一番でいたい、「まったく新しいフェラーリを熱く語っていただきます。
そして後ほどお写真でもご紹介させていただきます、フェラーリ S.p.A プロダクト・マーケティング・マネージャーのアンドレア・バッシさんより、「F12の性能、パフォーマンス」についてをご説明して頂きましたよ^^

さて、今回発表された最新最速のフェラーリ 、「F12 ベルリネッタ」ですが、新世代V12気筒をフロント・ミドシップに搭載して後輪を駆動する新しいフラッグシップ・ロードカーなのです。

「599」の後継車となったこの「F12 ベルリネッタ」ですが、まずエンジンは12本のシリンダーを左右6本ずつ、65度のバンク角でV字型に配置した6262㏄の自動吸気エンジンで、740馬力の最高出力と70.3kgmの最大トルクを発揮するのです。

最高速度340㎞/h、0-100㎞/h3.1秒という素晴らしい動力性能であるわけですが、
エンツォ」の最高速度350㎞/hには及ばずも、先代の「599GTO」に比べ1分23秒も速い事を考えると、「最速のフェラーリ」なんですね\(^^)

CO2削減などの環境性能も改善されていて、それは新設計のシャシーとボディにも貢献しています^^
例えば、ドア横はえぐられるような加工がされる「エアロ・ブリッジ」と呼ばれるダクトが付いていて、そこを空気が抜けて整流効果となってスペースフレーム構造を持つそのシャシーは12種類の異なる合金を配合した素材で、剛性は20%UP、先代モデルより70㎏も減量になりました☆

全体を通して、燃費も「599」より30%向上しているのは驚きです!

またフロント・エンジンながら、前46:後54の重量配分で、これは後輪駆動に充分なトラクションを与える構造ですね!!
その理由の一つとして、まず「伝統」です^^

F1デュアル・クラッチ」トランスミッションはギアと一体化されて 車体後部、後輪車軸直前に搭載され、理想的な重量配分の実現させるというものですね!!
それに「599」と比べ 、エンジンやダッシュボード、シートの位置までも低重心になりよりスポーティー化が図られています☆
ちなみに写真上のインテリアのデザインは、ダッシュボードに並ぶカーボンファイバーとアルミニウムで作られ、航空機分野からのインスピレーションを受けている「エア・ベント」です。


ロッソ・ベルリネッタ」という赤いボディ・カラーは三層塗装の新色!です^^
うっとりしてしまうくらい美しいカラーリング。
試乗してみました(笑)


エクステリアはフェラーリならでは、見やすさ&操作しやすさを追求したステアリングになってます!

リアのデザインも、多少跳ね上げ加工の為これも整流効果とダウンフォース値の狙いですよね^^
先代モデルより約70%もダウンフォースが向上していると言うのが、大きな空力パーツが無い事にも繋がってきます。
それは、新しいパーツを加えて重量を増やしたりするのではなく、軽量化はもちろん燃費向上にもスポットを当て、総体的に「引き算」をしているのですよ^^

うーん、これは新しい高級スポーツカーの次世代を担う今後の課題でもあって、実に「深い」ですよね☆

さて、、、
会場の雰囲気を充分に堪能させていただいた後は、、
スイーツタイム(笑)です^^
チョコ美味しい~
・・と、

おや、あそこにおられるのは!?

「Hi!! How are you! Nice to meet you☆」
・・・
フェラーリ・ジャパン プレジデント & CEO 「ハーバート・アプルロスさん」☆


ツーショットを撮らせて頂きありがとうございます☆


アンドレア・バッシさんも加わって頂き、新作「F12 ベルネリッタ」と も撮らせて頂きました。
お忙しい中本当にありがとうございました^^

今回の「F12 ベルリネッタ」は実に興味深い!!
アヴェンタドールさんよりパワーあるなぁ・・
そして「燃費ブーム」の波に乗った、フェラーリオーナー様の常識を覆す
新世代高級レーシングエコカーの代表作」とでも命名してみました!


それでは、この辺で今日の発表会レポートはこれにて終了

OPENERSwebにて詳細写真も掲載されていますのでそちらもcheckしてみてくださいね♪
ではでは☆

 


カテゴリー: 未分類 |