2012年11月
« 8月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
清水 久美子/SHIMIZU Kumiko
Car Girl Diary

GT-Rマニアを自称する実業家。かつて、3代目日産スカイラインGT-R、通称R32GT-Rをチューニングし、筑波サーキットをはじめとする草レースに参戦。仙台ハイランドドラッグコースではゼロヨンレースにも出走していた。その容姿からは想像もつかないドライビングテクニックを誇っている。チューニングカーに造詣が深く、雑誌『オプション』では2年間にわたって連載を担当。ほかに、イベントリポーター、富士レースクイーンなどの経験も。最近は、マセラティ グランツーリスモ、フェラーリ458イタリアなどのスーパーカーにも食指が動いている。ちなみに、現在のR35「GT-R」、ベントレー「フライングスパー」と、トヨタ「NEWクラウンアスリートハイブリット」、ランボルギーニ「ガヤルド」を所有する無類のクルマ好き。



日別アーカイブ: 2012年11月24日

2013年MODEL GT-R試乗!in日産グランドライブ その4

さてパート4は直線からのコーナリング、実際に走行してみたインプレッションを書いてみたいと思います☆

実際のところ、わたしにとってはGT-Rがくるまの基準となっているため、ちょっとやそっとじゃおどろかな~い!的な部分はあるのですが(すみません)
初期型と比べての違いは全身で体感しましたよ。

●ミッションの音がしなくなった!

R35にはGR6型デュアルクラッチトランスミッションが装着されているんですけど、
たまにR様のエンジンそのものの音を聞いて走りたい!と思い、よく通勤中無音で走行したりします(^^)
走行していてみゃ~みゃ~と 聞こえてくるミッション音。
この音があまりしなくなっていました。
けっこう気に入っていたこのミッションサウンド♪
久美子的には嫌いじゃないので(笑)技術の進歩は素晴らしいとおもいつつ切ない気持ちも芽生えました・・・

 

●走りの爽快感

2012年モデルの時に設定された非対称サス
これはトランスファーやデフ、運転手自身が右側にいるために重さを考慮し設計された究極のサスペンション!
2013年モデルでも勿論このサスを継承、これはわたしからすれば今年度の流行語大賞にノミネートしていただきたいと思うくらいの衝撃的サス革命だったわけですが・・

サスペンションを左右で非対称にすることで走っている最中にタイヤの接地荷重を統一するというまさに走りの守護神。
しなやかで路面に吸い付くような走りは、2013年モデルでさらに高速走行の安定性がさらにあがっていましたよ!

コーナーを曲がるたびに思う信頼感。

なんてゆうんですかね・・危なっかしさがないんです。
守られてる感じなんですよ。
はっきりいうと私のような素人でも速く走ることができる究極のマシンなんです。

『R様勝手にハンドルきってくれてありがとう』

じっさい、私自身何度助けられたことか(アブナイネ!w)

13年モデルでは実際走行している車両のロールセンターを測定してブッシュのたわみを考えロールセンターを下げ、スプリング&ショック&フロントのスタビの仕様を変えたそうです。

むずかしい話はさておいて・・
もともと良いものをさらに磨きをかけた感じです!!

ステアリングレスポンスですが、コース内でのパイロンスラローム走行で爽快なキレを魅せてくれました^^

なんていう男のなかの男、でしょう。。。。

パート5に続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: 未分類 |