2012年11月
« 8月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
清水 久美子/SHIMIZU Kumiko
Car Girl Diary

GT-Rマニアを自称する実業家。かつて、3代目日産スカイラインGT-R、通称R32GT-Rをチューニングし、筑波サーキットをはじめとする草レースに参戦。仙台ハイランドドラッグコースではゼロヨンレースにも出走していた。その容姿からは想像もつかないドライビングテクニックを誇っている。チューニングカーに造詣が深く、雑誌『オプション』では2年間にわたって連載を担当。ほかに、イベントリポーター、富士レースクイーンなどの経験も。最近は、マセラティ グランツーリスモ、フェラーリ458イタリアなどのスーパーカーにも食指が動いている。ちなみに、現在のR35「GT-R」、ベントレー「フライングスパー」と、トヨタ「NEWクラウンアスリートハイブリット」、ランボルギーニ「ガヤルド」を所有する無類のクルマ好き。



月別アーカイブ: 11月 2012

2013年MODEL GT-R試乗!in日産グランドライブ 番外編

ちょい長くなってしまいましたが・・・
Rの魅力はかいてもかいても書ききれません

ちょっと余談なんですが、私清水久美子の『R乗り』への原点ともいえるR32=935R(くみこあーる)の話をちょこっとしたいと思います。

思えば十数年前。一台の32Rとの出会いがわたしの人生の起点でした。

my garageにて、左935R(700PSドラッグ仕様)
右935R(ブーストアップストリート仕様)

当時はまだエンジン形式がRB26DETTだった時代。
しかしこのエンジンがまたものすごいシロモノで、 レースに勝つためだけに作られたという究極のエンジンでした。
市販車の平均的な水準をはるかに上回るエンジン強度をほこり、ちょっとくらいレブっても大丈夫、
ノーマル(280PS)でさえかなりの速さを 秘めている車でした。
そしてなによりMT車の楽しさを教えてくれる車でもありました。

私はその特別なものの特別な時間にすぐに魅せられ、よりハイパワーを求めてチューニングをしていきました。
パワーにはちょっと物足りないブレーキもブレンボに、耐え切れずすぐに壊してしまうデフとミッションも強化したものを、直線での加速感と刺激ががもっとほしくて導入したビッグタービン。
タイヤもハイグリップタイヤにかえ、とうとうエンジン内部に手を加えるほどになりました。

街乗りは爆音、乗り心地はバキバキ、ミッションはドグミッションの振動でガコンガコンと、民間の秩序をただす行政機関のお方たちにはよく止められましたが。 (笑)

夢にまで見たフルチューン。

当時おしゃれざかりだった若い私はブランドバッグもいつのまにか車検代に仕様変更(爆)など、
維持は大変なものでしたが 当時の私には贅沢すぎるほどの特別仕様車でした(笑)

 

しかしパワーを追及していくと絶対といっていいほどぶつかるのが自身の腕の壁。
いまだから笑って言えますが、500馬力くらいがどのステージにおいても楽しかったですね^^;

パワーを上げて強化したからってかんたんに速く走れるということではないんだということに気づいた私。

そこからタイムがいっこうに伸びず、しばらく悩んだ時代もありましたが、努力を重ねて重ねて
タイムを出した時はこんなうれしいことはありませんでした。

『速い車は美しい。

この定義はわたしのなかで今も変わらないスピリッツです。
これはRのコクピットに座ったものだけがわかる感動だと私は思います。
究極の速さのもつ『美』というものはおそらく我らが日本国にあるGT-Rにしかなしえないことなんではないでしょうか。

それってなんだか誇れますよね^^

余談ですがよく質問される935Rってまだあるの!?という質問。
最高と思って仕上げた車なので32Rはいまでも大事にガレージに保管してあります(^^)

密閉包装(笑)
いまでも大切な宝物です。

 

さて本題に戻りますが・・・

この経験を踏まえて!?
車はトータルバランスが大事という水野和敏さんの言葉を振り返ってみました。

パート5に続く^^


カテゴリー: 未分類 |